このページの本文へ移動

つくばみらい市 社会福祉協議会

新年明けましておめでとうございます。

市民の皆さまには、健やかに新年をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。

また、日頃から、社会福祉協議会に対しまして、あたたかいご支援とご協力をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。

近年、社会福祉を取り巻く環境は大きく変化し、高齢者や障がい者、児童等に対する福祉課題は多種・多様化しており様々な取り組みが求められております。

そのような中、本会では平成26年度より児童福祉の推進を重点事業と位置づけ、親子と交流及び相談援助などの充実を目的に子育て支援室「きらくやまこどもひろば」を開設しました。
また、子育て世代が安心して働き、仕事と育児を両立できる環境の整備と地域の子育て力を高めるためファミリーサポートセンターの拡充を図り、昨年4月より託児型援助サービスも開始したところです。
さらに、今年4月からは現在の伊奈第3保育所を、市と本会による公私連携方式により新たに「ふれあい第1保育園」としてスタートする運びとなりました。
本会が保育事業をおこなう意義は、これまで培ってきた福祉事業の実績から広い視野をもち、地域との結び付きを重視し、皆様に愛される保育園運営を行うことと認識しております。

今年の干支は酉年です。
新たな事業を実施するにあたり、大きな羽で羽ばたき飛び立てるような飛躍の年にしたいと願っております。

市民の皆さまにおかれましては、これまで以上にあたたかいご支援と地域福祉推進にご協力をお願い申し上げます。

結びに市民の皆さまのご健勝とご多幸を心からご祈念いたしまして新春のご挨拶といたします。